Fandom

名探偵コナン Wiki

白鳥任三郎

184このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする

白鳥 任三郎 (しらとり にんざぶろう) は、青山剛昌の漫画作品及びそれを原作とするアニメ『名探偵コナン』に登場する架空の人物。アニメでの声優は塩沢兼人(146話 - 157話) → 井上和彦(205話 - )。

人物評 編集

警視庁刑事部捜査第一課強行犯捜査三係の警部。国家公務員I種試験をパスした、いわゆるキャリア組。年齢は30代前半とされている。しかしながら、キャリアは通常20代前半から半ばにかけて警部に昇進する為、(白鳥本人は原作初登場時に警部に昇進)疑問が残る。また、佐藤が彼を「君」付けで呼んでいる点からも、彼女と同年齢、もしくは年下と思われる。

初登場は劇場版『時計じかけの摩天楼』で、目暮警部の部下として登場。当初は警部補で劇場版のみのキャラクターだったが、その後警部へ昇進し、以降漫画やアニメにも登場するようになる。しかし映画では、疑い深いような素振りを見せることがあったために、毛利小五郎から犯人だと疑われた。

基本的には生真面目で慎重な性格だが、時には大胆な行動を取ることもある。

実家は鴨井五十吉(かもい いそきち、声優:長克巳)という執事を置くほどのお金持ちで、晴月沙羅(はれつき さら、声優:大原さやか)という妹がいる。またOVAの『16人の容疑者』では軽井沢に別荘を所有しており、高木刑事を落胆させていた。

拳銃の腕は、目暮警部同様にあまり良くない様子。

建築やワイン、音楽についても造詣が深く、祇園では顔馴染みであるとのこと。『漆黒の追跡者』では、週に2回ジムに通っていた事が判明するも、小五郎に「太ったんじゃねえのか?」と訊かれている。

対人関係 編集

高木刑事と同じく佐藤刑事に好意を寄せており、隙あらば(高木刑事が佐藤刑事を不幸にするようならば)2人を別れさせようとも考えている。一旦2人がデートすると知れば、周囲の刑事たちと共に取り調べ同然に高木刑事から場所や日時を聞き出そうとし、判明すれば一課総出で2人を監視、場合によってはデートの妨害もする。だが当の佐藤刑事からは「かなりの変人」扱いされ、恋愛に関して彼のことは眼中には無い様子である。どうして彼女に好意を寄せるかと言えば、少年時代まで遡りそのころは法律家を目指していた。しかしある時万引きを目撃した少女を助け、その際に少女が残した「桜は警察の花。強くて格好いい正義の花」という言葉がきっかけで刑事への道を歩むことになる。本人はその少女こそが佐藤刑事であると考えていて、彼女に好意を寄せたのもそれがきっかけであるのだが、実は帝丹小学校の教諭小林澄子であった事が判明した。紆余曲折もあったが、今では白鳥警部に手作りのお弁当を作ってあげるほどの仲。

補足 編集

  • 名前の由来は、古畑任三郎から。下の名前が判明したのは、劇場版『14番目の標的』の時である。
  • 劇場版では、目暮警部同様全作品に登場している。
  • 2000年5月10日に白鳥の役を担当していた塩沢が不慮の事故で亡くなり、『瞳の中の暗殺者』が劇場版名探偵コナンシリーズ最後の出演となった。テレビアニメでは、オープニング冒頭で追悼テロップが挿入された。翌年に上映された劇場版『天国へのカウントダウン』からは、声優が井上に変更された。

関連項目 編集

このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は白鳥任三郎にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia