Fandom

名探偵コナン Wiki

浅井成実

248このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする

浅井 成実 (あさい せいじ、旧姓: 麻生 <あそう> ) は、『名探偵コナン』のキャラクター。月影島では女性医師の浅井 成実 (あさい なるみ) として生活していた。

背景 編集

東京都の孤島、月影島診療所の医師。 26歳の男性。『ピアノソナタ「月光」殺人事件』の犯人で、江戸川コナンが自殺を止められなかった作中唯一の犯人。

麻生成実として生まれる。麻薬取引に関するトラブルで、世界的ピアニストだった父・麻生圭二 (けいじ) と家族 (母、妹) を焼殺される。体が弱かった成実は入院していたために難を逃れるが、親のいなくなった成実は「浅井」という名の家庭に引き取られた。やがて成長し、名前を「なるみ」という読みにして女医として月影島に戻る。家族の死の真相を知った成実は、殺害された父の好きな曲でもあったピアノソナタ「月光」を交えた復讐の殺人劇を計画し、毛利小五郎を呼び寄せ、実行に移す。その殺人劇の犯人となった成実は、公民館に放火し、救出に来たコナンを窓から脱出させ、自身は炎が燃え盛る音楽室の中で遺言の鎮魂歌をピアノで弾きながら焼死した。

この事件は強いトラウマとしてコナンの心に刻まれ、それを回想する時には悲しげな瞳を見せる。彼の事件は間接的に服部平次の探偵としてのあり方にも影響を及ぼすことになる。

名前の由来 編集

旧姓の「麻生」は、原作者・青山剛昌のアシスタントの麻生圭二から。

関連項目 編集

このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は名探偵コナンの登場人物にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki