FANDOM


板倉 卓 (いたくら すぐる) は、『名探偵コナン』の登場人物。

人物 編集

背景 編集

自身の名を冠した「板倉スタジオ」で、コンピューターグラフィックスの仕事をしていたが、目を悪くしてしまい、3年前からシステムの開発に専念していた[2]。20年前、まだ無名のゲームクリエイターだった頃、仲間の相馬竜介とプロの棋士を打ち負かすような将棋ソフトを作ろうと夢見ていたが、その夢は叶わずに彼に殺害された[3]

能力 編集

呼称 編集

名前板倉の呼ばれ方板倉の呼び方
江戸川コナン板倉さん[2]-
毛利蘭板倉卓さん[2]-
毛利小五郎板倉さん[2]-

名前板倉の呼ばれ方板倉の呼び方
目暮十三板倉さん[1]-
高木渉板倉卓さん[1]-
千葉和伸板倉さん[1]-

名前板倉の呼ばれ方板倉の呼び方
テキーラ大男[4]
ウォッカ板倉さん[5]
板倉の野郎[6]
板倉[6]
-
ジン板倉[6]-

名前板倉の呼ばれ方板倉の呼び方
阿笠博士板倉って人[4]
板倉さん[4]
-
工藤有希子板倉卓[7]-

事件別解説 編集

残された声なき証言 (漫画: 377-379; アニメ: 307-308) 編集

黒の組織との接触 (漫画: 380-383; アニメ: 309-311) 編集

お金で買えない友情 (漫画: 398; アニメ: 329) 編集

漆黒の特急 (漫画: 823; アニメ: 704) 編集

工藤有希子ベルモットと対面する。有希子は、「シャロン (ベルモット) が板倉に何かのソフトを発注したみたい」と息子の工藤新一から聞いたと話す。有希子の役者仲間は、板倉とシャロンが犬猿の仲だと話していた。

人間関係 編集

シャロン・ヴィンヤード/ベルモット 編集

工藤有希子の役者仲間によると、シャロン・ヴィンヤード (ベルモット) と板倉は、ある映画でぶつかって以来、犬猿の仲である。しかし、工藤新一の調べでは、その後ベルモットは板倉に何かのソフトを発注したようである[7]

名前の由来 編集

脚注 編集

注釈 編集

出典 編集

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 File 378: 暗黒の足跡 (2) (37巻)
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 File 377: 暗黒の足跡(1) (37巻)
  3. File 379: 暗黒の足跡 (3) (37巻)
  4. 4.0 4.1 4.2 File 380: 白い雪…黒い影… (37巻)
  5. File 381: 危険なめぐり逢い (37巻)
  6. 6.0 6.1 6.2 File 383: 新兵器 (38巻)
  7. 7.0 7.1 File 823: ミステリートレイン (排煙) (78巻)

関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki