Fandom

名探偵コナン Wiki

九条玲子

184このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする

九条 玲子 (くじょう れいこ) は、『名探偵コナン』の登場人物。

概説 編集

アニメでのオリジナルキャラクター。東京地方検察庁の検察官。法曹界のクイーンと呼ばれる妃英理に対し、彼女は検察のマドンナと呼ばれる東京地方検察庁きってのエリート検事。優れた頭脳と抜群の法廷戦術を駆使して勝利を重ね続け、弁護士の中には彼女と戦うことを敢えて避ける者も出る程。未だに負け知らずで公判での連勝記録を更新し続ける英理に強烈なライバル意識を持っており、初対決時には英理を窮地に陥れるなど、激しい戦いを繰り広げた。「法廷の対決」シリーズは3作目では大きく容姿 (特に髪型) の変更が成された。この作品では自らが事件現場を目撃し、「目撃者」という立場でもあった。だが、法廷時は今までと変わる事無く、英理と対決を続けた。最後は亡くなった上司の墓参りのついでに妃法律事務所を訪れ、「今度は負けませんから…」と言い残した後に立ち去った。英理にとっては理解者ともライバルとも呼べる存在。

関連項目 編集


このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は名探偵コナンの登場人物にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia