Fandom

名探偵コナン Wiki

三水吉右衛門

195このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする

三水 吉右衛門(さみず きちえもん)は今から140年前に活躍したカラクリ師。カラクリ吉右衛門の二つ名を持つ

人物概要 編集

カラクリを施した様々な文物を制作しており、当時彼の作ったカラクリ人形は高く評価され大名等の富裕層に購入された。また日本各地にカラクリを施した建造物を残している。江戸時代末期にはカラクリで成した財産を江戸幕府を支持していた浪人達に援助していた。青山剛昌によると性格は「気はいいがイタズラ好きの」とのこと。作中で容姿は明かされていなかったが68巻の裏表紙で初めて彼のイラストが登場した。

登場巻 編集

直接登場はせず46巻、64~66巻、68巻に彼のカラクリを備えた建物が登場する。46巻では山中にダイヤモンドを隠した屋敷が登場し、江戸川コナン達と怪盗キッド、ダイヤモンドを狙ったトレジャーハンター達によって屋敷のカラクリが作動した。64巻では鈴木財閥が所有している大型金庫鉄狸が登場し、65巻にてコナンとキッドによって扉が開けられ中にいた鈴木次郎吉の愛犬ルパンを救出している。66巻では床が上下する蔵が登場しその仕掛けを利用して窃盗犯が盗品を保管する隠れ家に利用していた。68巻では琥珀を使用した麒麟の像を盗難から守る為の仕掛けを施したお堂を山中の寺に残している。


このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は名探偵コナンの登場人物にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia